ブログ

私はあなたと仲良くしたいのです

ブログたまにしか更新していないのに読みに来てくださってありがとうございます!

仕事と幼稚園の卒対、あとやっぱり子供たちを「可愛いねー」ってやってると、あっという間に一日が終わります。笑

「可愛いねー」の種類は色々で、ご飯やお弁当作るのもそうですし、ホントに頭やお尻をなでなでして「かわいいねー」「なんでそんなにかわいいの笑」というのを毎日やってます。小学生のお姉ちゃんにも、幼稚園児の弟にも両方にね!

私は幼稚園で毎年、なんだかんだお手伝いしているのですが、「なんでやってるんだろう?」と自分に問うてみると「みんなと一緒の時間が名残惜しいから」という本音が出てきました。

ついこの間までは「子供たちのために」とかいう大義名分で、やっていました。

だけど本当は、出会ったママたちや子供たちと離れるのが、名残惜しいから。

それがホントの気持ちでした。

;-;

寂しいんだよ。

だから、少しでも多くみんなと関わっていたいのですよ。

でもね、それを認めるといつも泣きそうになるし、なんか恥ずかしいじゃん。良いオトナがさぁ~。

だから誤魔化してた。

この間、ずっと心が通じていないと思っていた方に、「どういう反応が来てもいいから、あなたに対して優しい気持ちで居ることは伝えよう」と思って、色々やったんだよね。

そうしたら気持ちが通じた(と感じた)瞬間があったのよ。

・・・これが私の感じたかったことなんだなー・・・って思ったんだよね。

いつも、寂しかった。みんなと分断したくなかった。誰とも仲良くしたかった。

だけど一歩、入ろうとすると引かれた(と感じる)瞬間が怖くて、みんなとは一定の距離を置いて生きてました。

本当はみんなといつでも、仲良くしていたかっただけなのにねー。

本音がわかってよかった。
相手の方にも、気持ちが伝わったようで嬉しかった。

そりゃ反応が良くないと傷ついたり色々思うけど、それはあくまで「こちらの都合」なんだよね。

愛は、見返り求めなくていいんだな。

・・・って、散々学んできたはずなのにね。

結果がどうであれ、「私はあなたと仲良くしたい」だけで、いいんだな。

仲良くっていう定義もそれぞれの関係で色々でいい。
深くなんでも知っている間柄ももちろんいいけど、お互いのことはさほど知らないけど、薄くてゆるーく繋がっている「仲良し」でも、もちろんいい。

今日も良い一日になりますように。

船橋アロマトリートメント
ホームサロンシュシュ
セラピスト
田村さくら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP